コンテンツにスキップする

中国陸海軍が上陸想定の合同演習、米と台湾「独立派」に警告-環球時報

中国人民解放軍は上陸作戦を想定した陸海軍合同演習を16日に実施したと、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(グローバル・タイムズ)が18日に報じた。

  報道によれば、演習は台湾に近い中国・福建省の沖合で実施された。同紙は米国と「台湾独立勢力」に対する警告と抑止を狙ったものと捉えられるべきだとする、匿名の軍事専門家によるコメントを伝えた。今後さらに細かい演習が実施される可能性は高いという。

  中国国防省は15日、外国機が許可なく中国の領空に侵入した場合は「深刻な結果」を招くと警告。台湾紙の聯合報は同日、米軍の輸送機が午前中に台北の空港に着陸し、30分ほどとどまったと報じていた。

原題:China Military Held Beach Assault Drill to Warn Taiwan, U.S.: GT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE