コンテンツにスキップする

米民主党の一部議員、パウエルFRB議長の再任の可能性検討-FT紙

米民主党の一部議員らは連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の再任の可能性を検討している。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)がブラッド・シャーマン下院議員を引用して報じた。

  シャーマン議員はFTに対し「私は議会で2008年と20年の2つの経済危機を経験してきたが、20年の方がはるかにうまく対処された」と指摘。下院議員はFRB正副議長や理事の指名承認採決に関与しないが、シャーマン議員はパウエル議長が再任される「だろうと思う」と述べ、再任されない場合の22年の中間選挙への悪影響を民主党議員らに警告した。

Fed Chair Powell Testifies Before Senate Banking Committee

パウエルFRB議長(7月15日)

Photographer: Al Drago/Bloomberg

  一部民主党議員にとってのジレンマは、パウエル氏の後任として上院の指名承認を得ることができ、少なくとも同氏と同様にハト派姿勢でバイデン政権の経済課題を議会が前進させるのを妨げない候補がいるかどうかだと同紙は匿名の政治評論家の話を引用して伝えた。

関連記事

原題:
Democrats Weigh Powell Being Reappointed as Fed Chair, FT Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE