コンテンツにスキップする

菅首相:総裁選には当然出馬、コロナ対策最優先で内閣改造に慎重

更新日時

菅義偉首相は17日、秋の自民党総裁選について「総裁として出馬するのは時期が来れば当然のことだろう」と述べた。内閣改造については最優先するのは新型コロナウイルス対策であるとした上で、自身の任期も限られる中で「解散総選挙も視野に入ってくる」と語った。

  菅首相は日本テレビの番組に出演して、新型コロナに関連して有事に対応するルール作りについて問われると「緊急事態に対して強力な法整備ができていないと痛切に感じている」と回答。ワクチンや治療薬の認可にも時間がかかりすぎるとして法改正について「一段落した時点でやりたい」と話した。

  また昨年コロナが中国の武漢から発生してから対策が一進一退だったとして、国民には政府への不満がたまっていると述べた。その上で「ようやく光が見えてきたのがワクチンで、接種により世界が変わり、日本もかつての日常を取り戻すことができるように総理大臣としてしっかり行う」と語った。

関連記事:菅首相:総選挙時期、コロナ収束していく状況の中で判断したい-共同

(第2段落以降に法改正をめぐる菅首相の発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE