コンテンツにスキップする

ペイティーエム、インド当局にIPO申請-最大約2400億円規模

  • ソフトバンクグループやバークシャー・ハサウェイ、アントなど出資
  • 直近で160億ドルの評価-インドで過去最大のIPOとなる可能性

インドの電子決済サービス会社ペイティーエム(Paytm)は、最大1660億ルピー(約2400億円)規模の新規株式公開(IPO)をインド当局に申請した。

  以前はワン97コミュニケーションズとして知られていた同社には、ソフトバンクグループや米バークシャー・ハサウェイ、中国のアント・グループが出資している。16日に提出された仮目論見書によれば、新株発行と売り出し分が830億ルピーずつとなる。

  調査会社CBインサイツによると、ペイティーエムの価値は直近で160億ドル(約1兆7600億円)と評価された。2010年に1500億ルピー余り調達した国営石炭会社コール・インディアを抜き、インドで過去最大のIPOとなる可能性がある。

  モルガン・スタンレーやゴールドマン・サックス・グループ、シティグループなどが共同ブックランナーを務める。

原題:India’s Paytm Seeks Approval for Up to $2.2 Billion IPO;

Paytm Seeks Regulatory Approval for Up to $2.2B Indian IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE