コンテンツにスキップする

バイデン大統領、香港情勢の悪化について米企業に警告へ

  • 中国政府は香港の扱いで公約を守っていない-バイデン氏
  • 米政権は16日に「ビジネス・アドバイザリー」を出す予定

バイデン米大統領は15日、香港でビジネスを行うことに伴うリスクについて米企業に警告する方針を明らかにした。中国政府が香港の統制を強める中で「起こり得る」ことを理由に挙げた。

  バイデン大統領は「香港の情勢は悪化しつつあり、中国政府は香港をどのように扱うかについて公約を守っていない」と述べた。ホワイトハウスでのメルケル独首相との記者会見で発言したもので、「香港で何が起こり得るかに関する注意喚起のようなものだ」と付け加えた。

  バイデン政権は16日に「ビジネス・アドバイザリー」を出す予定。

米政権、香港のリスク軽視する投資家に警鐘鳴らす狙い-16日の警告で

バイデン米大統領は、香港の情勢が悪化しつつあると発言

Source: Bloomberg)

原題:Biden Says U.S. to Warn Business on Deteriorating Hong Kong (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE