コンテンツにスキップする

LMEニッケル下落、インフレ懸念強まる-銅も値下がり

14日のロンドン金属取引所(LME)のニッケル相場は下落。中国が原材料価格上昇による圧力を緩和する包括的措置を講じると表明したほか、米消費者物価指数(CPI)の伸びが市場予想の上限を上回ったことでインフレ懸念が強まった。

  この日発表された6月の米生産者物価指数(PPI)は市場予想を上回る伸びとなり、企業が一段の価格転嫁圧力にさらされていることが示唆された。

  LMEのニッケル相場は1%安の1トン=1万8581ドルで終了した。銅は0.7%安。LMEの他の大半の非鉄金属も値下がりした。

原題:Gold Hits Four-Week High as Fed’s Powell Eases Stimulus Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE