コンテンツにスキップする

米モデルナがバイオ業界のエリート入り、時価総額一時1000億ドル超え

  • 株価は一時6.3%高、時価総額を大台に押し上げ-終値4.9%高
  • モデルナのコロナワクチンは昨年12月に米で緊急使用許可を取得

14日の米株式市場で米バイオテクノロジー会社モデルナの株価が急伸し、時価総額が一時1000億ドル(約11兆円)を超えた。新型コロナウイルスのワクチン接種が世界的に加速していることが背景。

  株価は一時6.3%高と最高値を更新し、時価総額をこの大台に押し上げた。終値は4.9%高で、この節目から押し戻された。製薬各社がコロナワクチン開発を急ぐ中でモデルナの株価はこの1年間に220%余り上昇した。同社のコロナワクチンは昨年12月に米国で緊急使用許可(EUA)を取得。同月のファイザーとビオンテック製ワクチンに続き、2例目となった。

モデルナのコロナワクチン、米FDAが緊急使用を許可 (1)

Moderna shares skyrocket this year amid vaccine boost

  時価総額が1000億ドルを超えている米バイオテクノロジー企業には他にアッヴィとアムジェンがある。

原題:Moderna Joins Biotech Elite as Value Reaches $100 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE