コンテンツにスキップする

ユーロ圏のインフレ、意外に早く目標達成も-ECBシュナーベル氏

  • 最近のインフレの動き、「はるかに良い方向に」向かっている
  • 政策引き締めまでには時間かける、拙速な変更は避けるべきだ

欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル理事は、ユーロ圏のインフレ率は一部で見込まれているよりも目標達成に近いかもしれないとの認識を示した。

  一方で、インフレ動向が確実に定着するようECBは金融政策を引き締めるまでに時間をかけるとも語った。

  シュナーベル氏はオンライン上で行われた討論で、最近のインフレの動きは「はるかに良い方向に」向かっていると主張。「ECBがインフレ目標を達成できることに、自分は実際極めて楽観的で、一部の人が現在考えているよりも恐らく早く達成できるだろう」と述べた。

  ECBが政策変更を検討するようになる前には、2%のインフレ率がより持続的な形で続くとの確信が必要になるとの見解を示し、「インフレ率が2%かそこらになったからと言ってすぐに利上げするのでは、目標は絶対に達成されない」と指摘。物価上昇が賃金に波及する二次的効果の兆しは現在見られず、ECBは拙速な政策引き締めを避けなければならないと続けた。

原題:
ECB May Hit Inflation Aim Sooner Than Some Expect, Schnabel Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE