コンテンツにスキップする

東京五輪は歴史的な大会、新たなリスク持ち込まれず-IOC会長

  • 菅義偉首相と会談-五輪の安全対策について協議
  • 五輪史上最もフォローされる大会となり、その意味でも歴史をつくる

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は14日、歴史的な大会となる東京五輪で新型コロナウイルスの新たなリスクが日本に持ち込まれることがないようにすると述べた。

  来日中のバッハ会長はこの日、菅義偉首相と会談し、23日に開幕する東京五輪の安全対策について協議した。会談を終えた同会長は「五輪関係者は全力を尽くしており、ウイルスと闘い日本国民に一切のリスクをもたらさないために最善の貢献をすることにコミットしている」と記者団に語った。

Japan's Prime Minister Yoshihide Suga Declares Another Emergency Over Coronvavirus

菅義偉首相

  バッハ会長は、東京五輪の「プレーブックで非常に厳しいコロナ対策が定められ、実施されており、機能している」と指摘。東京五輪は「五輪史上最もフォローされる大会となり、その意味でも歴史をつくるだろう」と述べた。

  バッハ会長は13日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長と面会した際、日本国民とすべきところを「中国国民」と誤って発言。すぐに訂正したが、この言い間違いは海外でも注目された。

原題:Olympics Boss Aims to Put ‘Most-Followed’ Tokyo Games on Track(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE