コンテンツにスキップする

HBOとネットフリックスが首位争い、エミー賞ノミネート発表

  • 「ザ・クラウン」と「マンダロリアン」が最多ノミネート
  • ストリーミングサービス会社が引き続き優位に立つ

米テレビ界最高の栄誉とされるエミー賞の今年のノミネート作品が13日発表され、ワーナーメディアのHBOがノミネート数で最多となった。僅差の2位は動画配信サービスのネットフリックス。

  米国テレビ芸術科学アカデミーの発表によると、ケーブルテレビ(CATV)局HBOネットワークと動画配信のHBOマックスは合わせて130のノミネートを獲得、ネットフリックスは129だった。ウォルト・ディズニーの動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」は71。

  個別作品では、ディズニーの「マンダロリアン」とネットフリックスの「ザ・クラウン」がそれぞれ最多となる24ノミネートを獲得。ディズニー傘下マーベルの「ワンダヴィジョン」は23のノミネートを得た。

Tops in Television

With several networks, Walt Disney led in total Emmy nominations

Source: Television Academy

  今回のノミネートは良質番組の制作ではストリーミングサービスが引き続き優位に立っている状況を反映している。ストリーミングサービス会社のノミネートは合計で300を超え、CATV局と地上波ネットワーク局の合計を上回った。

  ABCや他のネットワークを加えると、ディズニーが合計で146のノミネートを獲得し1位となった。

  テレビ芸術アカデミーによる最終投票は8月19日から始まり、9月19日に授賞式が行われる。授賞式はCBSが生中継する。

原題:
HBO and Netflix Lead Emmy Nods as Streaming Dominates Field (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE