コンテンツにスキップする

シティグループ、手数料無料の株式取引サービス開始へ-競合行に対抗

シティグループは米国内の個人顧客に手数料無料で株式取引サービスを提供する。シリコンバレーのベンチャー企業やディスカウントブローカー、大手米銀との激しい競争に直面する同行は、ウェルスマネジメント事業の拡大を図っている。

  同サービスは「シティ・セルフ・インベスト」という名称で、当初は当座預金口座の保有者に提供し、追って範囲を広げる方針。米消費者向けウェルスマネジメント事業の責任者デービッド・プール氏が明らかにした。手数料が無料となる取引の対象は個別株と上場投資信託(ETF)だが、将来的には投資信託やオプションなどにも拡大するという。

  シティのジェーン・フレーザー最高経営責任者(CEO)は投資の初心者から超富裕層まで、幅広い顧客を対象としたウェルスマネジメント事業の再構築に取り組んでいる。同行は今年1月、ウェルスマネジメント部門とプライベートバンクを統合した新部門「シティ・グローバル・ウェルス」を立ち上げた。

米シティグループ、ウェルス事業を統合-ジム・オドネル氏が統括

原題:
Citi Debuts No-Fee Retail Trading to Compete With JPMorgan, BofA(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE