コンテンツにスキップする

物流会社ララムーブ、IPOを米国から香港に移すことを検討-関係者

オンデマンド型の物流・配送サービスを手掛ける香港の貨拉拉(ララムーブ)は、米国で計画している10億ドル(約1100億円)規模の新規株式公開(IPO)を香港に変更することを検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。中国の監督当局が外国での上場を目指す企業に監視を強化していることが背景にある。

  情報が非公開だとして匿名を希望した同関係者は、中国当局が計画している新たな規制がもたらす不確実性への懸念を理由に、ララムーブは上場先の変更を検討していると語った。同社は先月、米国でIPOを申請したが、公表しない形を取った。

  現在もまだ検討が続いており、米国でのIPOをこのまま進めることを決める可能性もあるという。ララムーブの担当者は、同社は資本市場の動向を引き続き注視しているが、IPOの具体的な時期や場所については決まっていないとした。

関連記事
中国、海外IPOルール厳格化へ-ほぼ全ての企業対象 (1)
香港の物流会社ララムーブが米IPOを申請、非公開で-関係者

原題:Lalamove Said to Eye Shifting IPO From U.S. Amid China Curbs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE