コンテンツにスキップする

NY市のコロナ感染が増加傾向-デルタ株広がる中でワクチン接種鈍化

  • コロナ陽性率の7日平均、2週間でほぼ2倍に
  • スタテン島やブルックリンで完全な接種済ませた人は半分未満

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米ニューヨーク市で新型コロナウイルスの新規感染者数が数カ月ぶりに増加傾向にある。デルタ変異株の広がりが勢いづく中、市内の一部地区ではワクチン接種率が低水準にとどまっている。

  市のコロナ検査での陽性率の7日平均は7月に入ってから緩やかに上昇。10日時点で1.27%と2週間でほぼ2倍となった。この1週間の1日当たりの新規感染件数(確認された症例と感染の可能性が高い症例)は平均328件と、6月28日時点の208件から増加している。

NYC Cases

Covid-19 cases in New York City have begun to creep up

Source: NYC Health

Note: Cases are seven-day rolling average of confirmed and probable cases

  1日当たり数千人の感染が報告されていた今年の一時期と比べれば大きく改善しており、陽性率も全国水準の3.4%を下回っている。しかし、ワクチン接種を済ませた住民が少ない地区で変異株が広がっている可能性を考慮すると、今回のトレンドは懸念される。

  市保健当局トップのデーブ・チョクシ氏は12日の会見で、「デルタ株の広がりは、ワクチン未接種の人にとって恐らく最も危険な時期であることを意味する」と指摘した。

  デブラシオ市長は6月までに500万人の住民に接種を受けさせる目標を掲げていたが、達成できなかった。7月半ば時点で完全な接種を終えた人は人口の53%に相当する440万人にとどまっている。1日当たりの接種回数も4月の10万回超から1万6000回程度に鈍化している。

  スタテン島では陽性率の7日平均が8日時点で2.34%と、市全体の平均をかなり上回っている。同島ではブルックリンやブロンクスと同様に完全な接種を済ませた人の割合が人口の半分に満たない。

原題:
NYC Covid Cases Rising as Delta Surges, Vaccinations Slow(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE