コンテンツにスキップする

米加州、ステージ2の電力緊急事態宣言を解除-計画停電を回避

更新日時
  • 山火事や電力需要急増で宣言も夜に気温低下したため解除
  • 米国の西部は過去に類を見ない深刻な干ばつに見舞われる

米カリフォルニア州は9日、記録的な熱波により電力需要が急増する中、計画停電の一歩手前であるステージ2の電力緊急事態を宣言したが、その後、夜になり気温が下がったため、同宣言を解除した。

  同州の送電系統運用機関はオレゴン州中南部などでの山火事によりカリフォルニア州への送電線が脅かされているとして緊急事態の宣言を求めた。米国の西部は過去に類を見ない深刻な干ばつに見舞われており、一部の地域では最高気温を更新している。

原題:California Averts Blackouts, But More Extreme Heat Looms Ahead(抜粋)

(解除の情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE