コンテンツにスキップする

バイデン氏がロシア大統領に電話、ランサムウエア攻撃阻止で行動要求

バイデン米大統領はロシアのプーチン大統領と9日に電話会談し、身代金要求型コンピューターウイルス「ランサムウエア」を用いた攻撃の阻止をロシアに求めた。数多くの世界企業が標的となった最近の攻撃について、米国はロシアの犯罪者集団によるものと非難している。

  ホワイトハウスは「ロシア国内で活動するランサムウエア集団による犯罪の防止で、ロシアは行動を起こさなくてはならないと、バイデン大統領は強調した」との声明を出した。

米大統領、ランサムウエア攻撃への国としての対応を検討-報道官

原題:Biden Urges Putin in Call to Act Against Ransomware Attacks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE