コンテンツにスキップする

米上院銀行委員長、クオールズ氏の銀行監督退任を見込む-任期満了で

米上院銀行委員会のブラウン委員長は8日、連邦準備制度理事会(FRB)のクオールズ副議長(銀行監督担当)について、10月の任期満了に合わせて銀行監督の任務から離れることになるだろうとの見通しを示した。

  ブルームバーグテレビジョンのインタビューで、ブラウン委員長(民主)はクオールズ氏に関し、「率直に言って、彼はあまりにも長い間ウォール街の言いなりになってきた」とし、「10月より先は任務を続けるべきではない。バイデン大統領が彼を再任したら私は非常に驚く」と述べた。

ブラウン上院銀行委員長

Source: Bloomberg)

  ブラウン氏は、自社株買いや資本水準といった銀行監督の問題でクオールズ氏が行動しなかったほか、ストレステスト(健全性審査)の厳格化を推し進めなかったとして批判した。

関連記事

原題:Senate Banking Chair Sees Quarles Gone as Fed Supervision Chief(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE