コンテンツにスキップする

豪中銀総裁「債券購入ペースダウン縮小意味せず」-利上げデータ次第

オーストラリア準備銀行(中央銀行)のロウ総裁は8日、量的緩和(QE)プログラム第2弾が9月初めに終了した後、債券購入ペースを落とす方針について、「週50億豪ドルから40億豪ドルに減らすことは、中銀による支援縮小を意味しない」と語った。

RBA Governor Philip Lowe News Conference

ロウ総裁

  講演テキストによると、ロウ総裁は「(政策金利である)オフィシャル・キャッシュレート(誘導目標)引き上げの条件は、データ次第であり、日程ではない。インフレ動向に基づく」とあらためて発言した。

  総裁はまた、インフレ率が2-3%の目標レンジの範囲内で持続的に推移するには2024年までかかるという中銀の中心シナリオに繰り返し言及した。

原題:
RBA’s Lowe Reiterates Jobless Rate in Low 4s Is Full Employment(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE