コンテンツにスキップする

ECBがインフレ目標2%で合意、オーバーシュート容認-関係者

  • 7日に終了したECBの戦略を点検する特別会合で政策当局者が合意
  • 戦略点検の結果は日本時間8日午後8時に公表予定-その後総裁会見

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへ

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバーはインフレ目標を2%に引き上げ、必要ならオーバーシュートの余地を容認することで合意した。事情に詳しい複数の当局者が明らかにした。

  これまでのインフレ目標水準は「2%を下回るがそれに近い水準」とされており、今回の決定は大きな転換となる。一部の政策委員会メンバーはこの文言があいまい過ぎると感じていた。政策委メンバーは約20年ぶりのECB戦略点検を締めくくる6、7両日の特別会合で合意に達した。

European Central Bank President Christine Lagarde Addresses European Parliament

ECBのラガルド総裁

Photographer: Thierry Monasse/Bloomberg

  ECBはインフレ率が目標を何年も下回って推移し、ユーロ圏経済の潜在力の重しとなる状態からの転換を目指しており、新たな戦略は超緩和的な政策をより長期にわたって維持する正当性を政策当局者に与える可能性がある。

  また、ユーロ圏経済が新型コロナウイルス禍から回復するのに伴い、ECBの政策運営を導く上でも新戦略は重要となりそうだ。

  ECB報道官はコメントを控えた。

  戦略点検の結果公表はフランクフルト時間8日午後1時(日本時間同午後8時)の予定。ラガルドECB総裁が2時半から記者会見を開く。

原題:ECB Said to Agree New Inflation Goal of 2%, Allow Overshoot (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE