コンテンツにスキップする

FOMC議事要旨、テーパリング開始に向けた進展は続くと予想

更新日時
  • 当局者はインフレの見通しに対し不透明感示す
  • 米国債よりMBSの購入を速く縮小させるかについては意見分かれる

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへ

米連邦公開市場委員会(FOMC)は6月15、16両日に開いた会合で、資産購入のテーパリング(段階的縮小)を開始するための基準到達に向けた進展が続くと予想していた。

  7日公表された議事要旨は「委員会が定める『一段と顕著な進展』の基準にはまだ達していないと概して見なされたが、参加者は進展が続くと予想した」と記述。「資産購入のペース減速を開始するための条件は、以前の会合時に予想されていたよりも幾分か早く達成されるとの見通しを、幾人かの参加者は示した」としている。

  6月の会合は、経済再開とともに物価上昇圧力が高まる中で、インフレリスクに対する金融当局の自信に変化が表れたことを示している。特に議事要旨は、インフレの要因となっている労働不足と供給障害の解消にどの程度時間がかかるかについて、委員会が強い不透明感があると認識したことを示している。

The Fed's New Dot Plot

  議事要旨によれば、「経済見通しを巡る不透明感は強まっており、労働市場とインフレの道筋について確固たる結論を導き出すのは時期尚早だ」と幾人かの参加者は強調した。

  住宅ローン担保証券(MBS)の購入についても議論されたが、米国債よりもMBSを速いペースで縮小させるかどうかについては意見が分かれた。

  議事要旨では「幾人かの参加者は、住宅市場でのバリュエーションへの圧力を踏まえ、米国債よりもMBSの購入縮小を速いペースで進める、あるいはより早期に開始することの利点を指摘した」とした一方、「他の幾人かの参加者は米国債とMBSの購入を等しいペースで縮小させることを支持した」とされた。

  当局者らはインフレ高進についても議論。速いペースでの経済再開に伴う一過性の要因が後退すれば「インフレは落ち着くと当局者は総じて予想した」ものの、「参加者の大多数は、インフレ予想に対するリスクは上方向に傾いたと判断した」と記された。

  議事要旨ではまた「サプライチェーン面での制約と原材料不足が来年にかけて物価に上向きの圧力をかけると、幾人かの参加者は予想した」としたほか、「幾人かの参加者は、経済再開の初期の数カ月においては不透明感があまりに強く、インフレ圧力がどの程度の期間続くかについて正確に判断することはできなかったと指摘した」と記された。

Longer-term inflation expectations of investors, U.S. consumers fairly contained

原題:Fed Officials Saw Progress Toward Taper Move, Minutes Show (2)(抜粋)

(インフレに関する議事要旨の内容を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE