コンテンツにスキップする

トランプ氏、フェイスブックなど3社提訴-アカウント回復を要求

更新日時
  • フェイスブック、ツイッター、グーグルと3社のCEOを提訴
  • 合衆国憲法修正第1条が保障する権利を守る行動だと説明
トランプ前米大統領

トランプ前米大統領

Photographer: Chris Kleponis/Polaris/Bloomberg

トランプ前米大統領はフェイスブックとツイッター、アルファベット傘下グーグルの3社ならびにそれぞれの最高経営責任者(CEO)を提訴した。アカウント停止措置を講じた3社と法廷の場で争う構えだ。

  トランプ氏は7日の記者会見で、3社とフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO、ツイッターのジャック・ドーシーCEO、グーグルのスンダー・ピチャイCEOを相手取り、フロリダ州の連邦地裁に3つの集団訴訟を提起したと発表。合衆国憲法修正第1条が保障する権利を守るための行動だと説明した。

  訴訟でトランプ氏は、自身のアカウント回復ならびに懲罰的損害賠償、また他のユーザーが3社から利用を禁止されたり警告を受けたりしないようにするための裁判所命令を求めている。

  トランプ氏はニュージャージー州に所有する自身のゴルフクラブでの記者会見で、「われわれは大手テクノロジー企業の責任を強く問う」とし、「私に対してできるのであれば、誰に対してもできることになる」と述べた。

  フェイスブック、グーグル、ツイッターは訴訟についてコメントを控えた。

関連記事:

原題:Trump Sues Facebook, Twitter and Google Over Social Media Bans(抜粋)

(トランプ氏の発表に合わせて書き換え、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE