コンテンツにスキップする

米10年債利回りが約4カ月ぶりの1.30%割れ、一時1.2996%に低下

7日午前の米国債市場で、10年債利回りが約4カ月ぶりに1.30%を一時割り込んだ。世界的にリフレトレードが下火になっていることが背景にある。

  10年債利回りは一時、5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 近く下げて、2月19日以来の最低となる1.2996%となった。前日は8bp近く下げていた。

  米経済の成長頭打ちを示唆する経済統計のほか、12日までは入札が予定されていないことが米国債相場を押し上げている。この日はワシントン時間午後2時に米連邦公開市場委員会(FOMC、6月分)の議事要旨が公表される。

関連記事

米ISM非製造業景況指数、予想以上の活動鈍化-雇用が縮小圏 (2)

米テーパリング開始のヒント探る材料に-7日公表のFOMC議事要旨

原題:U.S. 10-Year Yield Falls Below 1.30% as Treasuries Rally Extends(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE