コンテンツにスキップする

事務次官に矢野主計局長、財務官には神田国際局長が昇格-財務省

更新日時

財務省は7日、太田充事務次官が退任し、後任に矢野康治主計局長を昇格させる人事を発表した。岡村健司財務官の後任は、神田真人国際局長が就く。金融庁も、氷見野良三長官が退任し、後任に中島淳一総合政策局長を昇格させる。

  矢野氏は一橋大学経済学部を卒業後、1985年に大蔵省(現財務省)入省。菅義偉官房長官秘書官、官房長、主税局長などを経て、20年7月に主計局長。

  神田氏は東京大学法学部を卒業後、87年に大蔵省入省。主計官、主計局次長、総括審議官などを経て、20年7月に国際局長。

  中島氏は85年に大蔵省入省。金融庁総合政策局総括審議官、企画市場局長などを経て総合政策局長。

財務省現任後任
事務次官太田充矢野康治
財務官岡村健司神田眞人
官房長茶谷栄治新川浩嗣
総括審議官新川浩嗣小野平八郎
主計局長矢野康治茶谷栄治
主税局長住沢整(留任)
関税局長田島淳志阪田渉
理財局長大鹿行宏角田隆
国際局長神田真人三村淳
財務総合政策研究所長阪田渉栗原毅
国税庁長官可部哲生大鹿行宏
(詳細を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE