コンテンツにスキップする

フォーエバー21のオーナー、オーセンティック・ブランズがIPO申請

  • NY証取に上場へ、IPOは100億ドル規模かとブルームバーグ報道
  • ブルックス・ブラザーズなど30余りのブランド所有

「マリリン・モンロー」や「フォーエバー21」、「ブルックス・ブラザーズ」などのブランドを所有する米オーセンティック・ブランズ・グループ(ABG)が6日、ニューヨーク証券取引所への上場を申請した。

   目論見書では新規株式公開(IPO)の規模は1億ドル(約110億円)だが、これは今後変更される可能性が高い。ブルームバーグ・ニュースは以前、ABGのIPOが約100億ドルの規模になる可能性があると報じている

  ジェイミー・ソルター氏が2010年に設立したABGは、アパレルや著名人、スポーツなど30余りのブランド買収を通じて成長してきた。最近の買収にはエディー・バウアーなどがある。ABGの純利益は1-3月期に2億9500万ドルと、2020年通期の2億2500万ドルを上回った。

  米証券取引委員会(SEC)への提出書類によると、ABGの大株主にはブラックロックやレナード・グリーン&パートナーズ、ゼネラル・アトランティック、サイモン・プロパティー・グループ、ライオン・キャピタルなどが名を連ねる。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)と、JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックス・グループがIPOの幹事を務めている。証券コードは「AUTH」。

原題:
Authentic Brands Files for IPO Taking Forever 21 Owner Public(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE