コンテンツにスキップする

米国防総省、マイクロソフトに付与した100億ドルのクラウド契約破棄

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米国防総省は2019年に米マイクロソフトに付与した100億ドル(約1兆1000億円)規模のクラウド事業「共同防衛インフラ事業(JEDI)」の契約を破棄した。同契約を巡っては、政府と大手テクノロジー企業の間で訴訟問題にまで発展していた。同省はこの事業をマイクロソフトと競合するアマゾン・ドット・コムの両社に分担させる考えだ。

マイクロソフト、米国防総省1.1兆円クラウド契約受注-アマゾン退け

  国防総省は6日の声明で「これまで長期にわたり遅れていたクラウド事業『JEDI』の契約だが、テクノロジーを巡る環境の変化を受けてこの契約は国防総省の能力格差を埋める上での必要条件をもはや満たさないことが明確になった」と説明した。同省は当初、この事業に関して一つの業者のみとの契約を意図し、激しい議論を巻き起こしていた。

  国防総省は今回の声明で、「複数の業者」によるプロジェクトとする計画を発表。「限定された数の業者からの提案を求める考えだ。具体的にはマイクロソフトとアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)だ」と説明した。国防総省は、必要条件を満たせるのはこの2社のみだと考えている。その上で、他の業者についても契約条件を満たすことを示せれば検討するとしている。

関連記事:

原題:Pentagon Scraps $10 Billion Cloud Deal Award to Microsoft (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE