コンテンツにスキップする

仏モエ、シャンパンをスパークリングワインの名称に-ロシア法改正で

  • ロシア産しか「シャンパン」の名称認めない新法に合わせる
  • 出荷は「ほんの一時停止する」-調整終わり次第、速やかに再開へ
relates to 仏モエ、シャンパンをスパークリングワインの名称に-ロシア法改正で

フランスのモエ・ヘネシーのシャンパン部門は近く、ロシアに出荷されるボトルのラベルに「スパークリングワイン」と表記することになる。ロシア産スパークリングワインにしか「シャンパン」の名称を認めないというロシア新法に合わせる措置だ。

  仏高級ブランド、モエ・ヘネシー ・ルイ・ヴィトン(LVMH)傘下のモエ・ヘネシーはブルームバーグ向けの4日の資料で出荷について、法改正を受けた物流および規制上の調整で「ごく一時停止する」が、調整が終わり次第、速やかに再開されると説明した。

  ロシアと他国の間の緊張の高まりに、食品が巻き込まれることは初めてではない。2014年のクリミア併合後に制裁を受けたロシアは、オランダ産ゴーダチーズやイタリア産パルメザンチーズの禁輸措置を導入した。

原題:Moet to Label Its Champagne Sparkling Wine in Russia to Meet Law(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE