コンテンツにスキップする
Photographer: Maurice Tsai
cojp

台湾有事なら「日米で防衛」、麻生財務相が集団的自衛権に言及-報道

麻生太郎副総理兼財務相は5日、中国が台湾に侵攻した場合、集団的自衛権行使を可能とする安全保障関連法の「存立危機事態」として対処すべきだとの見解を示したと、共同通信が報じた。

  共同通信によると、麻生氏は東京都内で講演し「台湾で大きな問題が起きれば、存立危機事態に関係すると言ってもおかしくない。日米で台湾を防衛しなければならない」と述べた。台北市でのデモや騒動に中国が軍隊を派遣して「中国の内政問題だ」と主張する有事シナリオを紹介し、「次は沖縄。そういうことを真剣に考えないといけない」と強調したという。

関連記事
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE