コンテンツにスキップする

ファイザー製ワクチン、重症化予防に引き続き強い効果-イスラエル

更新日時
  • 感染防ぐ有効性は94%から64%に低下-変異株や制限解除が影響か
  • イスラエル政府は接種を済ませながらも感染した個人の調査実施へ

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

イスラエルでこの数週間、新型コロナウイルス感染に対する米ファイザー・独ビオンテック製ワクチンの予防効果が低下する一方、重症化予防の効果は引き続き強力であることが、同国保健省のデータで示された。

  それによれば、イスラエルでの感染予防でファイザー製ワクチンの有効性は6月6日から7月初めの期間に64%と、従来の94%から低下した。同省は、インドで最初に確認されたデルタ変異株の国内感染拡大を背景に、有効性の低下が観察されたとしている。6月初頭からの制限措置解除の時期にも重なった。

Japan’s Much-Maligned Vaccine Campaign Quietly Gathers Speed

米ファイザー・独ビオンテック製ワクチン

Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg

  感染増加の兆候にもかかわらず、同省の最新データからはファイザー製ワクチンに重症化を防ぐ効果が認められ、入院予防の効果は93%だった。従来の少なくとも97%からは低下した。

  ファイザーの広報担当、デルビラ・キーン氏は同省のデータについてコメントを控える一方、同社製ワクチンが新たな変異株に対し、一部のケースで有効性のほんのわずかな低下があるものの、引き続き予防効果があることを示す研究結果に言及した。

  ニュースサイトのYネットによると、イスラエルの新規感染者の多くがワクチン接種済みで、2日の場合、新規感染者の55%がワクチン接種を済ませていた。人口930万人中、7月4日時点の重症患者は35人。6月19日時点は21人だった。

  イスラエル政府はワクチン接種を済ませながらも感染した個人について、年齢や持病、接種日などの要素を調べ、ワクチンの有効性とそれが低下するペースなどを評価する。首相府が明らかにした。

原題:Pfizer Shot Halts Severe Illness in Israel as Delta Spreads (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE