コンテンツにスキップする

台湾の鴻海、4-6月期20%増収-コロナ禍でのデバイス需要なお堅調

  • 売上高は1兆3600億台湾ドル-市場予想1兆3400億台湾ドル
  • 6月の売上高、4016億台湾ドル-年初来では2兆7000億台湾ドル

米アップルの「iPhone(アイフォーン)」生産を請け負う台湾の鴻海精密工業(フォックスコン)が5日発表した4ー6月(第2四半期)の売上高は1兆3600億台湾ドル(約5兆4000億円)と、市場予想(1兆3400億台湾ドル)を上回った。前年同期比で20%増加した。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響で、在宅勤務や在宅学習、娯楽などに必要な機器を求める消費者のニーズから、アイフォーンやゲーム機器、サーバーの需要が引き続き堅調となっている。

  鴻海によると、6月の売上高は4016億台湾ドル。年初来の売上高は2兆7000億台湾ドルとなっている。

原題:IPhone Maker Hon Hai Posts 20% Quarterly Revenue Jump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE