コンテンツにスキップする

ソフトバンクG傘下フォートレス、英モリソン買収合戦で優位に

  • 英国4位の食料品小売りチェーン、9670億円での身売りに合意
  • 外国の投資グループによる買収、労組や政治家の懸念解消が課題に

ソフトバンクグループ傘下の米投資会社フォートレス・インベストメント・グループが率いる投資家グループは、英大手食料品小売りチェーンのウィリアム・モリソン・スーパーマーケッツを救済するホワイトナイトとしての地位を固めつつある。

  6月にクレイトン・デュビリエ&ライス(CD&R)からの55億ポンドの買収提案を拒否していたモリソンは今月3日、フォートレスや米資産家コーク一族の関連会社などが参加する投資家グループによる現金約63億ポンド(約9670億円)での買収に合意した。今後は英国の投資家や顧客、政治家に対し、外国の投資会社による買収が英4位のスーパーである自らの利益になると説得するのが課題だ。

ソフバンクG傘下のフォートレスがモリソン買収で合意-9670億円 (2)

  さらに好条件の買収提案が浮上する可能性はまだあるものの、モリソンは既にフォートレス案を支持する理由を挙げている。モリソンのデーブ・ポッツ最高経営責任者(CEO、64)は3日、ブルームバーグ・ニュースの電話インタビューで「彼らは当社の経営陣、戦略、そしてスタッフを支持している」と話し、「フォートレスはモリソンのビジネスに価値を見いだすことができる」と述べた。

  ポッツCEOはまた、ライブ配信サービスを利用しモリソンの従業員11万3000人の一部とフォートレスの提案を議論した。

  英3位の食料品チェーンのアズダが65億ポンドで買収されて以来、英国のスーパーへの関心は高まっている。プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社らは、ロックダウン(都市封鎖)を引き金とした店舗やオンラインでの食料品購入の急増を踏まえ、大手チェーンの見通し改善の機会を利用したい考え。ブルームバーグ・ニュースの集計データによると、モリソン買収が実現すれば、英上場企業としては少なくとも10年で最大級のディールとなる。

  英国の議員らは既に、モリソン買収に介入するよう政府に呼び掛けているが、フォートレス率いる投資家グループは3日の合意発表で、政界からの反対を回避しようとモリソンの従業員の賃金と年金の維持などを含むコミットメントを打ち出している。モリソンの労働者を代表する労働組合ユナイトはフォートレスによる買収に対応し、雇用などの面での保証を求めるため同社経営陣との緊急協議を求めた。

Shopping Spree

PE firms in most active year for U.K. take-privates since financial crisis

Source: Bloomberg

Data cover periods Jan. 1 - July 3

原題:
A $53 Billion U.S. Buyout Firm Leads Morrison Takeover Fight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE