コンテンツにスキップする

【新型コロナ】米大統領が愛国心に訴え-独立記念日に接種呼び掛け

更新日時
  • 豪シドニーはロックダウン延長も、デルタ株感染拡大の制御に苦戦
  • ソウル首都圏、マスク着用ルールの緩和を撤回-感染急増で

バイデン米大統領は4日、「壮大な」ワクチン接種キャンペーンなど新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)への対応の成果を強調したが、闘いはまだ終わっていないとも指摘した。大統領は米独立記念日の演説で、接種を受けることが「最も愛国的なことだ」と強調し、未接種の人々に対しワクチン接種を受けるよう呼び掛けた。

バイデン大統領、コロナ対応の成果強調-米独立記念日に演説

  オーストラリアのシドニーはコロナウイルスのデルタ変異株の感染拡大制御に苦戦しており、2週間のロックダウン(都市封鎖)が9日以降も延長されるのではないかとの懸念が高まっている。人口約600万人のシドニーでは5日、新規感染者数が35人となり、6月中旬以降の感染者数は312人に達した。このうち5人が高齢者施設の入居者で、238人はボンダイ地域で起きたクラスターと直接関係がある。

シドニーがロックダウン延長も、デルタ株の感染拡大の制御に苦戦

  韓国はソウル首都圏でマスク着用のルールを緩和する決定を撤回した。20-30代を中心に新規感染者数が急増し、デルタ株も急速に広がっているためで、ワクチン接種済みの人もマスク着用を義務付けられる。

  ニューヨーク州ではコロナ検査の陽性率が5日連続で上昇した。クオモ知事によると、州全体の陽性率の7日平均は3日時点で0.54%。1日当たりの新規感染者数が2万人近かった1月のピーク時の約8%から改善しているが、6月29日から上昇が続いている。同州の集中治療室(ICU)のコロナ患者は6人増え85人。クオモ知事はワクチン接種を呼び掛けた。

Demand for Covid Vaccinations Declines At St. John The Divine Cathedral in New York

ニューヨーク市のセント・ジョン・ザ・デバイン大聖堂内のワクチン接種待機場所(6月27日)

  ワシントン・ポストとABCニュースの世論調査によると、20%がコロナワクチン接種を絶対に受けないと回答し、9%は恐らく受けないと答えた。ワクチン接種を受ける可能性が低い人々の割合は合わせて29%と、4月時点の調査の24%を上回った。

  調査では米当局者がデルタ株の脅威を誇張していると35%が回答。こうした見方は民主党支持者よりも共和党支持者の方が多い。成人907人を対象に6月27-30日に実施されたもので誤差率はプラスマイナス3.5ポイント。

  ジョンソン英首相は5日の記者会見で、イングランドでのロックダウン解除のロードマップの最終段階について説明する予定だ。首相府が明らかにしたもので、来週の公式発表に先立って情報を提供する。

  フランスのベラン保健相はツイッターへの投稿で、英国の状況を踏まえるとデルタ株によってフランスが7月末までに感染急増に見舞われる恐れがあると指摘した。フランスでは感染者数がこの5日間で再び増加しているとし、ワクチン接種を呼び掛けた。

  ルクセンブルクのベッテル首相が4日に入院した。1週間前のコロナ検査で陽性との結果が出ていた。6月24、25両日にブリュッセルで開かれた欧州連合(EU)首脳会談に出席した後だった。

  ルクセンブルク政府がウェブサイトに掲載した発表文によると、首相は検査などのため24時間病院にとどまる。首相は5月6日に1回目のワクチン接種を受けていた。現地メディアによれば、アストラゼネカ製ワクチンだった。

EU Summit With Leaders at Loggerheads Over Travel

ルクセンブルクのベッテル首相

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグのデータによると、全世界の感染者数は1億8300万人を突破し、死者数は397万人を上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、全世界でこれまでに31億9000万回余りのコロナワクチン接種が行われた。

関連記事

デルタ変異株の流行で新興国間に格差、南アやロシアの通貨を下押しも

新型コロナ禍中の五輪、選手を送り込むのも一苦労-物流の悪夢に

原題:Biden Hails Success Against Pandemic; Sydney Cases: Virus Update

South Korea Reverses Decision to Ease Mask Rule in Seoul Area(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE