コンテンツにスキップする

米国株が上昇、米雇用統計受けタカ派寄りの見方が後退

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

2日の米株式相場は上昇し、S&P500種株価指数は最高値を更新した。米経済の回復ペースから見て、金融当局が流動性のパンチボウルを早急に片付けることはないとの見方が広がった。

  • 米国株は上昇、S&P500種は7日連続で終値ベースの最高値を更新
  • 米国債は上昇、10年債利回りは1.42%に低下
  • ドルは下落、対円では0.4%安の111円04銭
  • NY原油は週間で6週連続高、OPECプラスは打開見通せず
  • NY金は上昇、米雇用統計受けてドルが下落

  S&P500種は7営業日連続で終値ベースの最高値を更新。これは1997年以来初めてとなる。朝方発表された6月の米雇用統計では、雇用者数が10カ月ぶりの大幅増となった一方、失業率が5.9%と前月から若干上昇。この統計を受け、金融当局が資産購入のテーパリング(段階的縮小)を性急に開始することはないとの見方が強まった。テクノロジー株はこの日好調で、S&P500種の情報技術株指数は週間でも業種別で上昇率トップとなった。一方で景気敏感株は比較的軟調だった。

米雇用者数85万人増、10カ月ぶり大幅な伸び-失業率5.9%に上昇 (2)

  S&P500種は前日比0.8%高の4352.34。ダウ工業株30種平均は152.82ドル(0.4%)上昇し34786.35ドル。ナスダック総合指数は0.8高。ニューヨーク時間午後2時過ぎの時点で、10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.42%。米国債市場は独立記念日の祝日を控え、午後2時までの短縮取引だった。

  シンクマーケッツのアナリスト、ファワド・ラザクザダ氏は「6月の雇用統計は全体的に力強さを増したが、インフレや引き締めに対する懸念を強めるほどではなかった」と指摘。「株式に関しては『ゴルディロックス』シナリオが維持され、週末の連休を前にドル・ロングは縮小するだろう」と分析した。

  ニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。米雇用統計を受けて、金融当局によるテーパリングや利上げの開始が早まる可能性は低いとの見方が広がった。主要通貨ではカナダ・ドルとニュージーランド・ドルの上げが目立った。

  ニューヨーク時間午後4時45分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%低下。ドルは対円で0.4%安の1ドル=111円04銭。ユーロは対ドルで0.1%上昇し、1ユーロ=1.1865ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は小反落。週間ベースでは昨年12月以降で最長となる6週連続の上昇となった。石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」の会合で、生産を巡ってこう着状態が続いた。参加国代表によると、大半のメンバーが減産縮小などに関する案を支持しているが、アラブ首長国連邦(UAE)が引き続き反対している。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物8月限は前日比7セント(0.1%未満)安の1バレル=75.16ドルで終了。週間では1.5%上昇した。ロンドンICEの北海ブレント9月限はこの日、33セント高の76.17ドル。

  ニューヨーク金相場は上昇。米雇用統計を受けてドルが下げたことから、金の買いが優勢になった。雇用統計では雇用者数の伸びが加速した一方、失業率は予想外に小幅上昇し、労働市場にスラック(たるみ)が残っていることが示唆された。

  金スポット価格はニューヨーク時間午後1時44分までに、前日比0.5%高の1オンス=1785.08ドル。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は0.4%高の1783.30ドルで終了した。

原題:Stocks Climb as Jobs Report Dims Hawkish Fed Bets: Markets Wrap(抜粋)

Treasuries Extend Gain After Mixed Jobs Report as Curve Steepens(抜粋)

Dollar Drops From 3-Month Highs on Mixed Jobs Data: Inside G-10(抜粋)

Oil Rises for Sixth Week Amid OPEC+ Supply Dispute (Correct)(抜粋)

Gold Advances With Dollar Retreating After U.S. Jobs Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE