コンテンツにスキップする

滴滴グローバルのADS急落-中国ネット規制当局の調査開始で

更新日時
  • 滴滴は2日前にニューヨーク証券取引所に上場したばかり
  • 共産党創建100年記念式典の直後というタイミングでもある

2日の米株式市場で、配車サービスを手掛ける中国の滴滴グローバルの米国預託株式(ADS)が一時11%安と急落。中国サイバースペース管理局(CAC)がサイバーセキュリティーに関して同社の調査に着手したと発表したことが材料。同社は6月30日にニューヨーク証券取引所に上場したばかりだった。

滴滴、初日は伸び悩む-中国企業の米IPOでは過去2番目の規模 (1)

  CACの声明によると、調査はデータセキュリティーのリスクを防ぎ、国家安全保障や公共の利益を保護することを目的としている。

  中国ネット規制当局による今回の突然の調査は、反トラスト(独占禁止)からデータセキュリティーに至るまで、広い範囲で同社への締め付けを強めるものだ。

中国、滴滴や美団に料金・運転手の扱いで是正命令-締め付け拡大示唆

  CACは、具体的に何を調査するのかは明らかにしていない。ただ、発表のタイミングが同社のIPOおよび中国共産党創建100年記念式典の直後だったことに大きな意味がありそうだ。

  滴滴は「当社は調査が行われる期間、関連する政府当局に全面的に協力する」と文書で説明。「サイバーセキュリティーリスクの包括的な検証を行い、当社のサイバーセキュリティーシステムと技術力を継続的に改善していく」意向を示した。  

原題:Didi Tumbles on China Cybersecurity Review 2 Days After IPO (2)(抜粋)

Didi Shares Slide After China Launches Cybersecurity Review(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE