コンテンツにスキップする

JPモルガンとPIMCOが勧める「ライジングスター」投資-今が旬

  • 格上げサイクルとライジングスターが一層焦点に-年後半入りで
  • 市場が格上げ見通しを織り込む前に予測して動くのが鍵

パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)とJPモルガン・チェースは、新型コロナウイルス禍で打撃を受けた企業の回復を見越した取引に期待している。

  投資適格の格付けを回復しそうなジャンク級(投機的格付け)企業、いわゆる「ライジングスター」に投資するこの取引は、欧州の景気回復が勢いを増し始める中でかつてないほど妙味がある。

  PIMCOによれば、ジャンク級を上回る格付けになるのにかかる平均3年の間に最大200ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)のアウトパフォームが見込める。

  紙製包装材メーカーのスマーフィット・カッパ・グループと自動車メーカーのステランティスの社債は、今年ジャンク級を脱した125億ユーロ(約1兆6500億円)相当の一部だ。JPモルガンのストラテジストらはこうしたライジングスターが2021年通年では過去最大の300億ユーロに達し、ダブルB級格付けの債券の約1割に上ると予想している。

Changing Fortunes

JPMorgan expects the number of rising stars in the euro market to rocket over 2021

Source: JPMorgan & Co

  JPモルガンのマドゥバラ・スリラム氏らクレジットストラテジストは「ワクチン接種が世界に広がり経済成長が加速するとみられる。年後半入りに伴い格上げサイクルとライジングスターがますます焦点になると考えている」と述べた。

  ライジングスター投資は、市場が格上げ見通しを織り込む前に予測して動くのが鍵だ。欧州中央銀行(ECB)の流動性が利回りを歴史的低水準に押し下げている今、この方法でリターンを高めることは特に重要だ。

  PIMCOの欧州クレジットポートフォリオ管理責任者イブ・トゥルニエ氏は同社ウェブサイトに掲載されたインタビューで、「一般的なクレジットのバリュエーションの魅力が薄い今こそ、パッシブな指数連動投資から離れてボトムアップの銘柄選択に本格的に力を注いでライジングスターを見つけるべき時だ」と論じている。

原題:JPMorgan, Pimco Back Rare Money-Spinning Credit Trade in Europe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE