コンテンツにスキップする

ウニクレディト、最大週2日の在宅勤務可能に-来年の本格開始目指す

イタリアの銀行ウニクレディトは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)収束後の勤務体制が固まったら、支店行員以外の従業員について就業時間のうち40%までを在宅勤務とすることを恒久的に認める計画だ。

  同行のグループ・オペレーティング・オフィサー、ラニエリ・デ・マルキス氏はインタビューで「9月から漸進的なオフィス復帰を始める。第4四半期(10ー12月)には、来年から始まる持続可能なハイブリッド勤務に向けた試験運用を実施する」と語った。

  同行は管理業務や本部勤務の従業員のうち希望者を対象に週に2日程度、支店行員については週1日の在宅勤務を選べるようにする計画を進めている。最終的な勤務体制は新型コロナの状況や各国の事情によって決まるという。

シティ、柔軟な働き方支持-採用やつなぎ留めに威力と投資銀責任者

原題:UniCredit to Allow Work-From-Home Up to Two Days Per Week (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE