コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、ブラジルのメルカド・ビットコインに出資-220億円

  • メルカドの親会社2TMグループの企業価値を21億ドルと評価
  • メルカドはデジタル資産のプラットフォーム-顧客基盤280万人

ソフトバンクグループは、中南米を中心にデジタル資産のプラットフォームを展開するブラジルのメルカド・ビットコインに2億ドル(約220億円)を投資した。

  ソフトバンクGによる中南米での暗号資産(仮想通貨)関連投資としては最大規模となる。ソフトバンク・ラテンアメリカ・ファンドの出資は、メルカドの親会社2TMグループの企業価値を21億ドルと評価している。

  需要拡大への対応を図るメルカドは、調達資金をサービス拡大と人員強化、インフラ整備に充てる。同社の顧客基盤は現在280万人で、今年1-4月だけで70万人が登録した。

  メルカドは資金調達ラウンド「シリーズA」を1月に実施しており、今回はそれに続く調達となる。

原題:SoftBank Invests $200 Million in Brazilian Crypto Firm Mercado(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE