コンテンツにスキップする

日産、英に新たなEV・電池製造拠点-パートナーと10億ポンド規模で

From
  • 新型EVクロスオーバー車製造に向け最大4億2300万ポンドを投じる
  • エンビジョンも最新鋭パワートレイン工場に4億5000万ポンドを投資

日産自動車は1日、英国における電気自動車(EV)の新戦略に基づき、パートナー企業と10億ポンド(約1535億円)規模の投資を行い、イングランド北部サンダーランドにEV・車載バッテリーの新たな製造拠点を整備すると発表した。

  日産はサンダーランド工場での新型EVクロスオーバー車製造に向け、最大4億2300万ポンドを投じる。同社のリチウムイオン電池事業の譲渡先で、中国・遠景科技集団(エンビジョングループ)傘下のエンビジョンAESCも最新鋭パワートレイン工場に4億5000万ポンドを投資する。

  エンビジョンAESCは、EV用車載バッテリー製造設備の年間生産能力を現行1.7ギガワット時から9ギガワット時に大幅に増強する。

  今週はこれに先立ち、フランスの自動車メーカー、ルノー製EV向けのバッテリー工場を仏北部に建設するため、エンビジョングループが最大20億ユーロ(約2630億円)を投資する計画が6月28日に発表された。

日産、英国でのEVバッテリー生産増強を今週にも発表か-関係者

原題:Nissan Partnership to Create $1.4 Billion EV-Making Hub in U.K.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE