コンテンツにスキップする
Subscriber Only

TikTok、13歳未満のユーザーアカウント700万超削除-指針違反

  • ティックトック側の年齢基準を満たさないアカウント数公表は初
  • 米国では児童オンラインプライバシー保護法で親の許可が必要

10代の若者を中心に人気の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」から13歳未満の子どもが持つ700万余りのアカウントが1-3月期に削除された。運営会社が6月30日のブログ投稿で明らかにした。

  ティックトック側は、同アプリのガイドライン違反で削除された1110万超のアカウントのうち、726万は年齢基準に違反している疑いのあるユーザーのものだったと説明。ティックトック側が削除した年齢基準を満たさないアカウント数を公表したのは初めて。

  米国では児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)に基づき、インターネットサイトは13歳未満の子どもに関するデータを収集する前に親の許可を得ることが義務付けられている。ただ、インスタグラムやユーチューブなどソーシャルメディア全般で年齢をごまかし、アカウントをつくっている子どもは多い。

関連記事:
ティックトック側が6億円超支払い-児童情報巡り米FTCと合意(2019年2月配信)

原題:TikTok Removes More Than 7 Million Underage Accounts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE