コンテンツにスキップする

ビットコインが続伸、チャート分析で強気シグナルに注目

  • ビットコインは悪材料よそに過去20日間の平均を上回る
  • チャート上の次の節目は50日移動平均、上抜けなら4万ドルも視野

ビットコインは29日、多くのマイナス材料の中で底堅く推移し、3営業日続伸。打ちのめされた強気派の士気が高まっている。

  仮想通貨で最大規模のビットコインは過去20日平均を上回り、上昇の勢い回復の兆しを探す向きにはポジティブな値動きを見せた。米東部時間29日には一時5%高の3万6422ドルを付けた。他の仮想通貨も堅調で、ブルームバーグ・ギャラクシー・クリプト指数は一時6.6%上昇した。

  チャート分析専門家の多くは、次に注目すべき節目として現在3万8221ドル前後にある50日移動平均線を挙げる。ビットコインがその水準を有意な形で上抜けした場合、再び4万ドルを目指す展開となる可能性がある。

  英当局は27日、暗号資産交換業者バイナンス・マーケッツの英国内での事業活動を禁止。中国の人気仮想通貨交換業者の一角、火幣(Huobi)は28日、国内ユーザーがデリバティブ取引を禁止されることを明らかにした。

  仮想通貨取引プラットフォーム、アタニの共同創業者ポール・バローゾ最高経営責任者(CEO)は「今後数カ月は値動きが激しいかもしれないが、われわれはこのセクターに依然として非常に強気であり、大方の予想よりも急速に相場が回復することは間違いない。ファンダメンタルズは引き続き極めて強い」と述べた。

Bitcoin has crossed above its 20-day moving average

原題:
Bitcoin Extends Rebound With Chartists Eyeing Bullish Technicals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE