コンテンツにスキップする

日産、英国でのEVバッテリー生産増強を今週にも発表か-関係者

  • サンダーランドで工場設備を増強する遠景との合意近く発表と関係者
  • 遠景はルノーのEV向けバッテリーの生産工場を仏に建設する計画

日産自動車のパートナー企業で、電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池事業の譲渡先である中国・遠景科技集団(エンビジョングループ)は、英国でバッテリー生産を増やすプロジェクトを早期に計画していると最高経営責任者(CEO)の張磊氏がブルームバーグ・ニュースに語った。

  非公開情報を理由に事情に詳しい関係者が匿名を条件に語ったところでは、日産は英イングランド・サンダーランドでバッテリー工場の設備を増強するエンビジョングループとの合意を今週にも発表する可能性がある。今回のプロジェクトは、日産の英国でのEV戦略見直しの一環という。

  エンビジョングループはまた、フランスの自動車メーカー、ルノーの手頃な価格帯のEV向けにバッテリーを供給する工場を仏北部に建設するため、最大20億ユーロ(約2640億円)を投じる計画だ。マクロン仏大統領が28日に正式発表した。

中国の遠景、ルノーEV向けバッテリー工場を仏に建設へ-20億ユーロ

  エンビジョンの張磊CEOは、ルノーのイベントの場でブルームバーグ・ニュースに対し、プロジェクトは日産のサンダーランド工場への供給にとどまらないと述べたが、より具体的な内容は明らかにしなかった。

原題:Nissan’s Chinese Battery Partner Plans U.K. Project ‘Very Soon’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE