コンテンツにスキップする

サマーズ氏、年末時点の米インフレ率5%に「かなり近く」なるだろう

  • 結果として、債券利回りは年内に上昇する可能性が高いと予想
  • 年内の金融市場について「恐らく一段の混乱があるだろう」との見方

サマーズ元米財務長官は、米国のインフレ率は年末時点で5%に「かなり近い」状態となり、結果として債券利回りは年内に上昇する可能性が高いとの見通しを示した。

  サマーズ氏は25日、ブルームバーグテレビジョン対し、「今年は年末時点でインフレ率が5%にかなり近くなるだろうというのがわたしの見立てだ。5%のインフレ率がインフレ期待に影響を与えないとしたら、驚きだ」と語った。

サマーズ氏がインフレ見通しなどについて語る

(出典:ブルームバーグ)

  年内の金融市場の見通しを尋ねられるとサマーズ氏は、トレーダーたちが債券利回りを上昇させてインフレ加速に対応すると説明。「恐らく一段の混乱があるだろう」と答えた。

原題:Summers Sees U.S. Inflation Ending 2021 ‘Pretty Close’ to 5%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE