コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米ジャンク債クーポン、過去最低水準-投機的格付け企業が好条件起債

米ヘルスケア会社センティーンは過去最低水準のクーポンでジャンク(投機的)級社債18億ドル(約2000億円)規模を起債した。投資家の購入意欲を背景に、投機的な格付けの発行体がかつてない好条件で資金調達を行っていることが示唆されている。

  事情に詳しい関係者1人によると、24日に決まったセンティーン債の条件はクーポン2.45%だった。ブルームバーグのまとめによれば、これは期間7年以上の米ジャンク債としては過去最低。

  高利回り債のスプレッドは2007年6月以来の水準まで縮小。歴史的な低金利環境で投資家は利回りを求めて、このセクターに引き続き資金を投じている。ジャンク債の利回りは3.89%と、過去最低をわずかに5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上回る水準にある。

米ジャンク債利回り、過去最低更新-投資家のリスク志向強まる

Junk-bond interest rates are near all-time lows

原題:U.S. Junk Bond Coupon Sets Record Low in Race to Rock Bottom(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE