コンテンツにスキップする

野村HD奥田社長、就任1年目の報酬は3億2040万円ー前年比16%増

野村ホールディングスの奥田健太郎社長兼グループCEO(最高経営責任者)の2021年3月期の報酬額が、3億2040万円だったことが分かった。就任1年目だった同期は、米アルケゴス・キャピタル・マネジメントとみられる顧客との取引での巨額損失の影響などで同社の通期純利益は前の期比29%減の1531億円。奥田氏の報酬は前年度比16%増だった。

  同社が25日提出した有価証券報告書によれば、奥田氏には他に、社宅関連費用1600万円も支給された。ほかに報酬総額1億円以上で開示対象となったのは、永井浩二取締役会長、森田敏夫氏、寺口智之氏で、合計4人だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE