コンテンツにスキップする

ドーナツ店のクリスピー・クリーム、米で710億円規模のIPO計画

  • 価格は21-24ドルを予定、レンジ上限なら時価総額38億6000万ドル
  • 2016年にJABに買収されてからオンライン事業を拡大してきた

ドーナツ店チェーンの米クリスピー・クリームは最大6億4000万ドル(約710億円)規模の新規株式公開(IPO)を目指している。

  JABホールディングの傘下にあるクリスピー・クリームは22日、米証券取引委員会(SEC)に届出書を提出し、1株21-24ドルで約2700万株の売却を計画していると開示した。届出書に記載された発行済み株式数に基づくと、IPO価格がレンジ上限なら時価総額は38億6000万ドルとなる。

  クリスピー・クリームはルクセンブルクに本拠を置く複合企業JABに2016年に買収されてから、オンライン事業を拡大してきた。今やネット事業が米売上高の2割近くを占めるまでになった。

  同社の1-3月(第1四半期)の純売上高は前年同期比23%増の3億2200万ドル。純損失は37万8000ドルと、前年同期の約1100万ドルから大幅に減少した。

  JABはIPO後もクリスピー・クリームの株式約78%を引き続き保有する。

原題:
Krispy Kreme Seeks $640 Million in IPO as Sales Move Online (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE