コンテンツにスキップする

米中古住宅販売、4カ月連続で減少-物件価格がまた過去最高更新

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が発表した5月の中古住宅販売件数は、4カ月連続の減少となった。価格上昇と在庫薄が購入を抑制した。

キーポイント
  • 中古住宅販売件数(季節調整済み、年率)は前月比0.9%減の580万戸
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は573万戸
    • 前月は585万戸
  • 中古住宅価格(季節調整前、中央値)は35万300ドル(約3880万円)と過去最高-前年同月比で23.6%上昇
Existing home sales fell for a fourth month as prices rise

インサイト

  • 物件価格の上昇で低金利効果がますます薄れる中、中古住宅販売の減少が続いた。堅調な需要と物件不足が相まって価格が高騰し、買い手の一部は市場から引き続き締め出されている
  • 建設業者が中古物件の不足を新築物件で補うのに苦戦していることから、住宅価格はしばらく高水準にとどまる公算が大きい
  • NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏:
    • 「在庫不足が引き続き、圧倒的に大きな販売抑制要因となっている」
    • 値ごろ感が薄れたことが「初回購入層の一部を市場から締め出している」

詳細

  • 中古住宅在庫は前月比7%増の123万戸-前年同月比では大幅減
  • 販売に対する在庫比率は2.5カ月
  • 販売に要する日数は平均17日-過去最短に並ぶ
    • 5月に販売された住宅の89%は1カ月未満で販売に至った
  • 一戸建ての販売は前月比1%減の年率508万戸
  • 販売は全4地域のうち、中西部を除く3地域で減少
  • 統計表

原題:U.S. Existing Home Sales Fell for a Fourth Straight Month in May(抜粋)

(統計の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE