コンテンツにスキップする

ビットコイン、3万ドル割れ後大台を回復-年初来の上昇分を一時消す

更新日時
  • ビットコインは一時12%下げ、2万8824ドルの安値を付けた後反転
  • アジア時間23日早朝にかけては3万2500ドル前後で取引された

暗号資産(仮想通貨)ビットコインは、22日のニューヨーク時間に一時3万ドルを割り込み、年初来の上昇分を消したが、その後は値を戻し3万ドル台を再び回復した。

  ビットコインは中国の規制への懸念などを背景に一時12%下げ、2万8824ドルの安値を付けた後反転し、アジア時間23日早朝にかけて3万2500ドル前後で取引された。ビットコインは 2020年に4倍に急騰した後、年初の2万9000ドル前後から4月半ばには6万5000ドル近くに達した。現在はこの水準から50%余り安い。

  ミラー・タバクのチーフ市場ストラテジスト、マット・メイリー氏は「ビットコインが長期的に世界を変えるとしても、短期的に2万ドルを再び下回ることがないという意味ではない」と指摘した。

The cryptocurrency broke below $30,000 on Tuesday

原題:Bitcoin Bounces Back After Tumbling Below $30,000 ThresholdBitcoin Bounces Back After Tumbling Below $30,000 Threshold(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE