コンテンツにスキップする

米ゲームストップ株空売りのヘッジファンドが閉鎖-報道

  • ミーム株ショックで閉鎖に追い込まれるのは初の事例の1つとFT
  • 閉鎖はミーム株急騰とは無関係と関係者がFTに語る

ビデオゲーム販売の米ゲームストップの株式を空売りしていたヘッジファンド、ホワイト・スクエア・キャピタルが、旗艦ファンドを閉鎖して月内に資金を返還することを投資家に伝えた。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が事情に詳しい関係者からの情報と投資家宛ての書簡を基に報じた。

  ポールソンのトレーダーだったフロリアン・クロナウィッター氏が運営する同社はビジネスモデルを検証した結果、ファンド閉鎖を決めたという。いわゆるミーム株の急騰によって打撃を受けたヘッジファンドが閉鎖に追い込まれる初の事例の1つだとFT紙は報じている。ただ、事情に詳しい関係者は同紙に、閉鎖決定はミーム株上昇と無関係だと述べた。

  FTが投資家宛て書簡を引用して伝えたところでは、ホワイト・スクエアの昨年の好パフォーマンスにもかかわらず大手投資家2社が同年、資金を引き揚げ、手数料の安いパッシブ運用ファンドやプライベートエクイティー(PE、未公開株)に振り向けることを選んだ。

  同書簡によると、ホワイト・スクエアは今年5月に投資家資金が再び流入することになっていたが、ファンド閉鎖を決めたという。

原題:
White Square Capital, Which Bet Against Gamestop, Closes: FT(抜粋)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE