コンテンツにスキップする

ビットコイン3万ドル割れなら「大打撃」-仮想通貨全般に一斉売りも

  • 人民銀が市中銀行およびアリペイに仮想通貨関連サービス提供禁止
  • 「仮想通貨にとっての正念場だ」-ペッパーストーンのウェストン氏

ビットコインは中国による暗号資産(仮想通貨)締め付け強化を受けて3万ドルに向けて下落しつつあり、仮想通貨市場全体の一段売りの懸念を誘っている。

ビットコイン一時3万2000ドル割れ、中国が仮想通貨締め付け強化

  ビットコインは22日、一時4.3%安となり香港時間午前9時8分(日本時間同10時8分)時点は約3万2240ドルでの取引。イーサは一時4.2%安となり、ブルームバーグ・ギャラクシー・クリプト指数は約5.7%下落。中国人民銀行(中央銀行)は21日、大手銀行および決済プラットフォーム「アリペイ(支付宝)」の担当者を呼び仮想通貨関連サービス提供禁止を指示した。

人民銀、銀行に仮想通貨関与の停止指示-ビットコイン一時10%安

  デジタル資産デリバティブ取引所、デルタ・エクスチェンジのパンカジ・バラニ最高経営責任者(CEO)は、3万ドルを決定的に下回ればセンチメントへの「大打撃」となり、仮想通貨市場全体で「大規模な売り」を引き起こす可能性があると電子メールで指摘した。ただ、同氏自身はビットコインが反発し今後数週の間に4万ドルを試すと考えている。  

   ビットコインは4月半ばに付けた過去最高の6万5000ドルからほぼ半分になったが過去1年ではまだ200%余り値上がりしている。現在の水準は5月の下げ以降のレンジの底辺付近。ペッパーストーン・ファイナンシャルの調査責任者、クリス・ウェストン氏はリポートで、「仮想通貨にとっての正念場だ」と指摘している。

Bitcoin's plunge toward $30,000 pushes it to low end of recent range

原題:
Bitcoin’s Drop Closer to $30,000 Stirs Fears of a Deeper Selloff(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE