コンテンツにスキップする

ドイツ銀の元トレーダーに禁錮1年、見せ玉注文で貴金属操作-米地裁

  • 08-13年にスプーフィングと呼ばれるトレーディング手法で相場操作
  • 金融市場の健全性を害した重大な違反は重い処罰に相当すると判事

約定を意図しない見せ玉を注文する違法なトレーディング手法で金と銀の相場を操作したとして起訴されたドイツ銀行の元貴金属トレーダーに対し、禁錮1年と1日の量刑が言い渡された。

  シカゴのイリノイ州北部地区連邦地裁のジョン・J・サープ・ジュニア判事(41)は、 2008年から13年にかけて「スプーフィング」と呼ばれるトレーディングに関与し、昨年9月に詐欺罪で有罪と認定されたジェームズ・ボーリー被告について、「金融市場の健全性」を害したと指摘し、「重大な違反は重い処罰に相当する」と述べた。

  元同僚のセドリック・シャヌー被告への量刑言い渡しは28日に予定される。

  10年にグローバル市場で発生した「フラッシュクラッシュ」以降の米当局によるスプーフィング取り締まりの過程で両被告は訴追された。スプーフィングを対象とする捜査および調査を決着させるため、ドイツ銀が1億3000万ドル(約144億円)余りの支払いに応じたことが今年1月明らかになった。

ドイツ銀が米当局に1億ドル支払い、相場操縦巡る調査決着で-関係者

  米銀JPモルガン・チェースもトレーダーによる市場操作を認め、9億2000万ドルの支払いに同意した。

原題:Ex-Deutsche Bank Trader Vorley Sentenced to 1 Year for Spoofing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE