コンテンツにスキップする

主要中銀、FOMCに追随する可能性-ブラックロック副会長

  • 主要中銀はインフレのオーバーシュートを受け入れる公算大か
  • 前スイス中銀総裁のヒルデブラント氏がブルームバーグTVで発言

ブラックロックのフィリップ・ヒルデブラント副会長は21日、米連邦公開市場委員会(FOMC)が向こう3年のインフレ見通しを先週引き上げたことを受け、他の主要中央銀行も追随し目標を上回る物価上昇率を容認する公算が大きいとの見方を示した。

  前スイス国立銀行(中銀)総裁のヒルデブラント氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「何年もインフレ率が目標に届かなかったと指摘するトレンドが見られるようになるというのが私の推察だ。今はそれを徐々に埋め合わせようと、一定のオーバーシュートを受け入れつつある。問題はどの程度のオーバーシュートをどのくらい長く受け入れるかだ」と語った。

ヒルデブラント氏がブルームバーグに語った

  先週のFOMCでは2023年末までに2回の利上げを見込んでいることが示唆され、引き締め予想ペースが加速した。金融引き締めでインフレ圧力が抑制されるとの観測から、米30年国債利回りは21日に2月以来の2%割れとなった。

  ヒルデブラント氏は「残念ながら、市場が新たな枠組みを理解し受け入れるまでには一定の時間がかかり、まだ成り行きをうかがっている段階だと思う」と説明。「米連邦準備制度の枠組みが新しくなり、最新のインフレ予測はオーバーシュートの認識とほぼ一致していると市場が理解するにつれ、状況は落ち着いていくというのが私の考えだ」と話した。

原題:BlackRock’s Hildebrand Says Central Banks May Align on Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE