コンテンツにスキップする

ブラード総裁、インフレの上振れリスクに備えなくてはならない

米セントルイス連銀のブラード総裁は21日、米金融当局はインフレの上振れリスクに直面する準備を整える必要があると指摘した。公的通貨金融機関フォーラム(OMFIF)が主催したバーチャル形式のイベントで述べた。

  ブラード総裁は「経済再開という観点では想定していたよりもかなり堅調な状況にあり、それに伴ってインフレが生じている」と発言。「今はボラティリティーが高い局面だ」とし、「こうした状況がどう展開していくのか、実際には誰も分からない。上方向のインフレリスクがあり、それがさらに高進するとの見方に備えなくてはならない」と述べた。

  さらに「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)入り前にそうあるべきだったと同様に、パンデミックを脱する局面においても、機敏でなくてはならない」と話した。

原題:
Bullard Says Fed Should Be Ready for Upside Risks to Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE